アトピーでも使える化粧水【天然成分配合で安全に使用できる】

女性

皮膚炎に悩む方に

スキンケア

アトピー性皮膚炎は、かゆみの強い皮膚炎が続く皮膚病で、多くの方が悩まされていると考えられています。診断や治療は皮膚科で行われており、ステロイド外用剤を中心とした治療が一般的です。その他スキンケアも重要視されており、添加物を含まない化粧品が人気です。

詳細を読む

跡を消してすっきり

肌のお手入れ

赤いものや茶色くなったものなどのニキビ跡は、メイクでいくらでも隠せますが、中には自力で改善することができないものもあり、そんなニキビ跡は医療の力を借りて長い時間をかけて治していくようにしましょう。メイク用品に詳しい人に、ニキビ跡に効果的な商品を教えてもらうのもおすすめですよ。

詳細を読む

毎日のケアで肌を守る

化粧用品

乾燥肌の人は乾燥した冬の季節は肌へのケアが念入りとなる人が多いのかもしれませんが、実はそのケアは湿気のある夏の季節から行なっていくことが大事なのです。毎日普段使っている化粧水を浸み込ませたシートマスクを使ってパックすることでケアしていくことができます。

詳細を読む

保湿ケアが大切

ボディーローション

水分維持力が弱い

「アトピーの人」は、肌内部のセラミドが不足しています。セラミドは細胞と細胞の間に入り込み、水分を維持している成分です。 アトピー肌の人は水分維持力が弱いため、肌の表面が乾燥しています。外気の影響を受けやすく、少しの刺激で炎症をおこしたり、かゆみが発生することもあるそうです。改善させるには、ヒアルロン酸やグリセリン、セラミドが配合された化粧水で水分を与えると良いそうです。アトピー肌の人は化粧水を購入するとき、なるべく添加物が少ないものを選ぶようにします。防腐剤やパラベン、着色料などが入っていないかチェックしておくと良いそうです。洗顔石鹸を選ぶ時も、添加物が使用されていないか確認しておくようにします。

ビタミンCを摂取する

アトピー肌の人は、化粧水で与えた水分の蒸発を防ぐことも大切です。ワセリンなどバリア効果のある成分で、肌を保護します。ワセリンのべたつきが気になるときは、余分な油分をティッシュで拭き取ると良いそうです。大量につけすぎてしまうと浸透されずに表面に残ってしまうので、量を加減して使用するようにします。少しの量でもじゅうぶん効果があるそうです。アトピー肌の人は、入浴後や運動後、体があたたまることで症状がさらにひどくなることがあります。かゆみを感じそうになったら、化粧水で保湿することを習慣にします。肌を強くするには、ターンオーバーを促す成分を摂取することも重要です。ビタミンCが豊富に含まれたイチゴやミカンなどを積極的に取り入れるようにします。

Copyright© 2015 アトピーでも使える化粧水【天然成分配合で安全に使用できる】All Rights Reserved.